since 2001.9.30

このページは東京から広島を経て岡山に移住した「木こり」と「あぐり」の夫婦(と、息子のぴょん吉)の「あそび釣り」の記録です。
2011年10月、実に5年ぶりの更新をはたしました! よくぞ閉鎖しなかった!
2015年現在、家族3人でキャンプを楽しんでいます。釣りキャンプもやってます。
「あそび釣り」とは (2001年9月記)

 釣りは人生を楽しくするためのもの。釣りのために人生があるのではない。ストレス解消、命の洗濯、笑ってビールを飲むための釣り。それが「あそび釣り」。
 「ファミリーフィッシング」というのと近いノリですが、まだ子供もいないし(後日記:2007年に長男出生)、木こりは独身時代からずっとこのスタイルなので、「ファミリーフィッシング」て言葉はしっくり来ません。だから「あそび釣り」
 まあ、難しい釣りや根性入った釣りができないってだけだったりするんですけど(^o^;

木こりとあぐりin富良野

こだわらない
魚種、釣り方、釣り場にこだわらない。釣れなかったら狙いを変える。ルアーでダメならエサで釣る。釣れなかったらとっとと移動。楽しく遊べれば釣り物はハゼでもコイでも何でもいい。こだわったり悩んだりするのはお仕事だけで十分。
無理をしない
危険なことをしたり、風や波があるのに船出したり、疲れてるのに寝ずに出かけたり、そういう無理はしない。釣りに命をかけるべきではない。少々の無理をしてでもがんばるのはお仕事だけで十分。夜釣りはやったことないし、冬場は釣行回数がぐっと減るし、まあ、要するに根性なしの釣りって感じもしますが、安全第一で行きたいです。
必ず何か釣ってくる
とは言うものの何も釣れずに帰ってくるのは悲しい。ストレス解消のはずの釣りが新たなストレス源に。「食べる」ことも釣りの楽しみの半分と考えるとなおさらです。ボウズ回避のためにはウデもみがかなければならないし、情報収集も大事だけど、同時に「とりあえず釣れるものを釣って帰る」という軟弱な割り切りも必要。これに関しては、木こりの「ボウズは嫌だ」のページもごらんください。
釣り以外の楽しみにも目を向ける
釣り魚料理はもちろん、釣り場の近くのレジャースポット、おいしいレストランなどにも目を配っておく。根っからの釣りマニアってわけではないので、釣りさえできればそれ以外は何でもいい、ってわけでもない。釣りがあくまで生活のほんの一部分だということを忘れないようにしたい。まあ、釣れないときの逃げ道にもなるし。
自然を汚さない
釣り場にゴミを捨てたり、焚き火でコゲ跡をつけたり、そんなことして釣り場の環境を悪くするのは、気持ちのよいものではありません。
人に迷惑をかけない
漁師さんなどの「仕事をしてる人」に迷惑をかけるようなことは絶対したくない。われわれはあくまで遊ばしてもらってるわけですから。それから、釣り人どうしもマナーを守って気持ちよくやりたいですね。釣果にこだわるあまり、ついマナーをはずしてしまう釣り人が多いのが残念です。生活がかかってるわけじゃないんですから、気持ちよくゆったりとやりましょう。